注目記事

身内や友達で弔う

香典

葬儀の中でも人気になっているのが家族葬です。地域性のつながりが強い横浜などでも需要があります。身内や友達だけで行なうことが出来るので、周りに気を使わずに故人の方を弔うことが出来ます。

もっと

一日かけて葬儀する

お寺

一般葬ならば2日かかってしまいますが、一日葬であれば一日で終わります。告別式を行ないますので、故人の方とお別れをする時間をとることが出来ますし、一日で終わるので体への負担も軽減出来ます。

もっと

一般的な葬儀方法

メモリアルホール

一般葬は日本の伝統的な葬儀方法となっています。故人の方に縁のある方々が参加することが出来るので、トラブルになることも少なく、遺族にとっても縁の方々にとっても優しく故人とお別れをすることが出来ます。

もっと

地方で変わる葬儀方法

激安価格とスピーディーな作業で人気を集めています。遺品整理を京都で行なうのであれば、こちらのプロ集団に依頼しましょう。

人の最後を飾る重要な行事として葬儀があります。日本にとって葬儀をすることは当たり前の風習であり、葬儀を行なう事で故人の最後をしっかりと見送ることが出来るのです。日本における葬儀は古くから行われておりその風習が今まで続いてきたのです。葬儀はいろいろ方法へと発展し、一般的な風習を取り入れた一般葬をはじめ、葬儀を行わずにダイレクトに火葬をする直葬、家族や親しい友だちだけで行なう家族葬、宗教の概念にとらわれず自由に葬儀を行なう自由葬、一日で葬儀と告別式を行なう一日葬などがあります。行なう葬儀の方法によって規模も金額も変わってきますので、故人の事を考えながらも、自分たちの予算に合わせて行なうことが出来ますので、ある程度のプランを決めておくと良いでしょう。亡くなられた後は、精神的にゆとりを持つことが出来ないことが多いので、早めの内に決めておくとミスが少なくなります。

全国的に葬儀の方法は若干の違いがありますが、横浜などのある神奈川県も特殊な風習があります。神奈川県は横浜や川崎などの様に人口が多い地域があります。人口が多い地域では、火葬場の需要と供給が見合っていないことが多く、市内で人気のある火葬場だと予定がぎっしり詰まっていることが多いです。長い時は一週間先まで予定がいっぱいになっていることもあります。なので、他方からくる方々は亡くなられてから一週間立って行われる葬儀にびっくりするということもあります。時間がかかるため、通常であれば自宅で故人を安置するものですが、専用の冷蔵保存庫などに預けることも珍しくない光景となっています。通夜料理も特別な風習があり、参列者全員に食事を振る舞います。参加者の方は卓上に並べられた食事を一口以上食べる必要があります。口のなかを湿らせて帰ることが故人の方を供養することになっています。なので、横浜などで参列をする場合は、料理が出てきたのならば一口は食べましょう。辞退することは失礼な行為となりますので注意しましょう。葬儀の風習をしっかりと理解して参加することでトラブルを回避することが出来るようになるのです。

希望のお墓が見つかることで人気です。墓石の価格なら、最大5社の見積もりが行なえるこちらのサイトを利用してみましょう。

60年の実績がある業者を利用しませんか?葬儀を横浜で行なうならこちら。火葬式や家族葬、一般葬ができますよ。

香典と棺桶